バイナリーオプションはシンプルだけど面白い

fsdiio バイナリーオプションとはオーストラリアハイローで知名度が一気に一般的になってきた短期取引で、ある銘柄の価格が相場で上がるか下がるか予測するだけのシンプルな取引のことです。バイナリーオプション業者によって異なりますが、海外業者では米ドル/円、ユーロ/円、ポンド/円、豪ドル/円、ニュージーランドドル/円、ユーロ/米ドルなどの世界の通貨や、

ダウやナスダック、日経、トピックスなどの世界のインデックス、トヨタやインテル、マイクロソフト、IBMなどのグローバル企業の株式、原油や金などの商品などいろいろな銘柄を揃えています。国内業者では通貨のみに絞って提供していることが多いです。海外業者ではハイアンドロー、ワンタッチ、レンジ、短期取引などいろいろなオプションをご用意しています。ハイアンドローは現在の価格より判定時刻での価格が上がるか下がるかを予測します。

予測が的中してペイアウトを受け取れることをインザマネー、予測が外れて購入資金を失うことをアットザマネー、現在の価格と判定時刻の価格が同じで引き分けになることをアットザマネーと呼んでいます。アットザマネーになった場合は購入資金が戻ってくることが多いです。ハイアンドローはトレンド相場に適しています。

ワンタッチは判定時刻までに目標価格に一度でもタッチすれば的中するオプションです。タッチした後はどちらに相場が動いてしまっていても構わないです。ワンタッチはレンジ相場に適しています。

レンジにはインとアウトがあり、インは判定時刻までに一定の範囲で価格が収まっていれば的中、アウトは判定時刻までに一定の範囲外に価格が動けば的中するオプションです。インは小動き相場に適しており、アウトは乱高下相場に適しています。

短期取引は60秒といった超短期間の取引が出来るオプションです。ハイアンドローは各回号の取引開始時刻や終了時刻が決まっていますが、短期取引は決まっておらず、購入した時点から60秒後に判定時刻が来ます。レンジ相場でスキャルピング手法を用いたいときに適しています。

相場の質に応じてオプションの種類を選んで取引できるのが、バイナリーオプションの魅力の一つです。国内業者は口座開設するのに審査があり時間がかかりますが、海外業者への口座開設は氏名やメールアドレスなど簡単な情報だけで1分もあれば終了します。

その代わりに国内業者は信託保全が導入された証券会社であることが多く安心です。海外業者は信託保全が導入されていないことが多いです。しかし海外業者は国内業者には規制で出来ない短期取引ができるのが魅力です。国内海外両方口座開設してみて使いやすい業者をメインにされるといいです。

多種多様な取引方法

地道にコツコツと取り組んで少しずつ利益を積み重ねていくのはもちろん、長くじっくり保有してスワップ金利を得ながら大きな利幅を狙うなど、多種多様な取引方法が選べることはFXが持つ柔軟な特徴といえるでしょう。

それだけ幅広い取引スタイルが選べることが長く人気がある投資といわれている所以ですし、FX以外の投資に対して敷居が高いと感じていても誰でも始めやすく、為替という生活に身近な投資対象ということもあって難しい知識が必須ではないのがFXの魅力といえます。

リンクメニュー