バイナリーオプションでも使える逆張り

fsd33iio逆張りよりも順張りの方が勝てる?

バイナリーオプション攻略のツールとしての「逆張り」というのは、たとえば相場が大きく上昇しているときに、そろそろ反転しそうだと考えて、あえて下がる方に予想をすることをいいます。もちろん相場が大きく下落しているときに、あえて上がると予想する場合でも同じです。

このような方法とは逆に、そのまま相場のトレンド通りに予想することを「順張り」といいます。一見、この2つならば「順張り」をしていたほうが、より勝率の高い取引ができるように思えます。

しかし、実際にバイナリーオプションを経験してみると分かると思いますが、相場のトレンドが終了時間までに変わってしまうことはそれほど珍しいことではありません。むしろ逆張りのほうが当たることも少なくないのです。

ボリンジャーバンドを利用してうまく逆張りをするには?

ポイントまでの経過時間に注意

ボリンジャーバンドを利用した逆張りをするとき気をつけなければいけないのは、現時刻からポイントまでにどれだけの時間が経過しているかということです。もしそのポイントが現時刻に近ければ、その分だけトレンドが変わる確率も高くなっていきます。その逆に現時刻から遠ければ、その分だけ切り替わったトレンドが反転する確率が高くなっていくのです。したがって、ボリンジャーバンドで現時刻よりも大きく離れた反落・反騰のポイントを確認したときには、取引終了時間を考えた上でチケットを購入するようにしましょう。

タイミングと残り時間を見極めることが重要

為替相場の変動というものは、長期間で見れば見るほど、その動きはゆるやかなものとなっていきます。逆に短期間で見れば見るほど、激しい上下動があります。したがって短期取引であるバイナリーオプションでは、よりそのタイミングや残り時間を見極めて、ボリンジャーバンドによる逆張りをする必要が出てきます。

短期の取引の場合には、取引終了時間までに時間が残っていれば残っているほど、それだけトレンドが変化する確率も高くなっていきます。たとえば、ボリンジャーバンドを利用して開始5分でポイントを見つけたとします。しかしこれが30分の取引ならば、残りは25分もあるので、また別の新しいポイントが現れて変化してしまう可能性も十分に考えられるのです。したがって、ボリンジャーバンドで逆張りを行うさいには、なるべく60セカンズなどのごく短い取引時間を選んでするようにしましょう。MT4の必勝ボリンジャーバンド、RIS利用で海外バイナリーオプション業者を攻略する方法もトレーダーの間で人気です。

多種多様な取引方法

地道にコツコツと取り組んで少しずつ利益を積み重ねていくのはもちろん、長くじっくり保有してスワップ金利を得ながら大きな利幅を狙うなど、多種多様な取引方法が選べることはFXが持つ柔軟な特徴といえるでしょう。

それだけ幅広い取引スタイルが選べることが長く人気がある投資といわれている所以ですし、FX以外の投資に対して敷居が高いと感じていても誰でも始めやすく、為替という生活に身近な投資対象ということもあって難しい知識が必須ではないのがFXの魅力といえます。

リンクメニュー