FXだけじゃもったいない? 組み合わせたら最強の「株式投資」にチャレンジしてみよう!

 バイナリーオプションについて一昔前までは、投資といえば株式投資だったとものですが、今ではすっかりFXにおされている感がありますね。

ただそれは、普段オンラインオンリーで取引をしているための思い込みもあるのでは? もちろん社員株もあるとはしても、それでもこれだけ多くの株式会社が上場しているということは、今も活発に株取引は行われており、投資のポートフォリオの中央に「株式」をドンと置いているトレーダーも少なくないんです。

■ここでおさらい「株」ってなに?

企業への資金投資の証拠のようなものです。資金の提供を受けた企業は株券を発行し、それを持っている人は株主となります。

株主は資金を提供した以上、会社の経営にも株主の立場から参加することができ、その機会が「株主総会」。さらに、さまざまな特典がうけられる「株主優待」もあり、その優待を目的として株を購入している人もいます。企業で利益がでれば、それを「配当」として受け取ることができます。

そして株は、企業の業績によって値段が代わります。この値段を「株価」といい、業績がよければ株価があがり、悪ければ下がります。

▼ちょっとややこしい話:株式と債券投資

よく混同しがちなものにこの2つがあります。どちらも企業(債権の場合は国や公共団体などもあります)に出資するという点ではおなじように思えますが、実は全く違う性質をもっています。

簡単にいえば、株式投資は企業の未来を「買う」もの、債券投資はもっと単純にお金を「貸す」ものです。そのため、株式では未来に利益が出たらそれをもらえる権利を手にするかわりに、出資したお金が保証されることはなく、債券の場合には貸した分は基本的には保証され、期限がくれば戻ってきます。

ときくと、「だったら債券だけにしておいたほうが安全なんじゃ?」と思われるかもしれませんが、もちろんそれは債券の発行元によります。発行元によっては元金が戻ってこなかったケースも過去にいくつもあります。ただ株式に比べれば全体でみればリスクは低く、その分得られる利益も低い、という評価ができるのです。

■FX+株式投資に債券も組み込むのも手

さらにちょっとつっこんだ話にはなりますが、基本的な動きとして、株価が上がる市況の時には、債券の価値は下がる、ということがあります。この現象をつないでいるのは金利なのですが、ともかく、FX+株式でのポートフォリオをこれから組もうと考えているなら、債券も組み込むのも手です。もちろん先ほどのべたように利益リターンの少ないものではありますが、銀行の普通預金などよりははるかに高いリターンが見込めます。

ポートフォリオの組み方は、FXでの投資スタイル、資産全額、生活の状況など個人個人によって最適解が変わってきます。とはいえ、細かく動向をチェックして随時組み替えていくことで日々ポートフォリオを成長させることができますから、スタートはあまり気負わずに組んでみてください。

多種多様な取引方法

地道にコツコツと取り組んで少しずつ利益を積み重ねていくのはもちろん、長くじっくり保有してスワップ金利を得ながら大きな利幅を狙うなど、多種多様な取引方法が選べることはFXが持つ柔軟な特徴といえるでしょう。

それだけ幅広い取引スタイルが選べることが長く人気がある投資といわれている所以ですし、FX以外の投資に対して敷居が高いと感じていても誰でも始めやすく、為替という生活に身近な投資対象ということもあって難しい知識が必須ではないのがFXの魅力といえます。

リンクメニュー