業者の設ける仕組みについて考える

fsdiisfdo バイナリーオプションについて大雑把に説明すると、上がるか下がるかを予想するだけの簡単な取引です。実を言うと、多くの業者の手数料は無料なのです。それなら、業者は一体、どうやって儲けているのでしょうか?業者がどのように儲けているのかがわからないと、ユーザーとしては不安だと思います。そこで、業者が儲ける方法を紐解いていきます。

関連サイト: 「信託保全.com」

まず一番の収入源は、個人投資家の資金です。要するに、私たちのお金です。これは一体、どういうことなのでしょうか?個人投資家の資金から、業者はどのように収益にしているのでしょうか?変なことに使われていると、不安ですよね?

バイナリーオプションは相対取引です。取引相手は、GMOクリック証券に口座開設したらGMOクリック証券、トレイダーズ証券に口座開設したらトレイダーズ証券、これがあなたの取引相手になります。例えば円安を予想してチケットを買ったとします。満期になってもし円安になっていれば、あなたは勝って、利益を得られます。一方、もし円高になったら、相手(業者)が勝って、相手が儲かります。

これだけで、業者は本当に儲かるのでしょうか?統計によると、バイナリーオプションで勝っている投資家は、30%から40%しかおりません。要するに、60%から70%の業者が勝っているということになります。この数字を見ると、ちょっと悔しいですが、これで業者にちゃんとした収入源があることがわかったと思います。

次の収入源は、チケット本来の価格に利益を上乗せしています。業者は金融工学から導き出したチケットの価格に、少しだけ自分たちの利益を上乗せして売っています。例えば確率50%、当たれば1000円もらえる取引があったとします。公平に考えると、チケットは500円が妥当な価格になりますが、業者はこれを600円で売ります。

この条件で業者が負けると400円の損となりますが、この取引を繰り返せば繰り返すほど、業者が勝つ確率がどんどん高くなっていきます。勝ち分は理論上、取引回数×上乗せした利益100円ですので、、上乗せした利益100円が御者の利益となるのです。バイナリーオプションはこの原理を用いて、個人投資家が買ったとしても、しっかりとチケットに上乗せした分の利益を確保しているのです。何はともあれ、業者に登録しない限りバイナリーオプション取引を始めることはできません。サポートの質、ツール完備度、ボーナス、安全性、レバレッジでバイナリーオプション比較をして、業者選びは慎重に行いましょう。

多種多様な取引方法

地道にコツコツと取り組んで少しずつ利益を積み重ねていくのはもちろん、長くじっくり保有してスワップ金利を得ながら大きな利幅を狙うなど、多種多様な取引方法が選べることはFXが持つ柔軟な特徴といえるでしょう。

それだけ幅広い取引スタイルが選べることが長く人気がある投資といわれている所以ですし、FX以外の投資に対して敷居が高いと感じていても誰でも始めやすく、為替という生活に身近な投資対象ということもあって難しい知識が必須ではないのがFXの魅力といえます。

リンクメニュー